時代が変わる。私の未来が変わる――。キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる。自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために

 
講演・セッション


中澤創太 さん(左)/宮本笑里 さん(右)


講演・セッション名
<<抽選制>>
【19H08】<会場:ホールB-2(B1F)>

親子で音楽を体験する春の夕べ ワークショップ編
―バイオリン解体ショー×演奏体験! 学んで、弾けるスペシャルセミナー

中澤創太 さん
(日本ヴァイオリン 代表取締役社長)

宮本笑里 さん
(バイオリニスト)

※本セッションは抽選制です。
※本セッションの受講者は小学生のみとさせていただきます。申込は保護者の方が保護者のお名前で行い、お子様の人数(3人まで)と学年を申込フォーム内でお知らせください。
※託児サービス・スタッフのご用意はありません。
※保護者の方は受講者の後方からご覧いただけます。男性の保護者の方のみの付き添いも可能です。なおWOMANEXPO会場へは、男性は女性と一緒に入場をお願いしております。男性の保護者の方が当選した場合は、女性の方にWOMANEXPOの事前申込(展示会場もしくは他の講演・セッション)をお願いいたします。
※本セッションは日本経済新聞グループなどが報道目的で写真やビデオなどで取材を行います。カメラなどに映り込む場合がございますので予めご了承ください。
※本セッションの録音、撮影はお断りさせていただきます。
※同じ時間帯の講演・セッションには1つしかお申し込みいただけません。
※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
※事前申込された講演・セッションでも立ち見となる場合がございます。
※このワークショップの当選者(保護者)とワークショップを受講した小学生は、「17時20分からのコンサート編」にも参加できます。
カテゴリー
無料
抽選制
エンタテインメント・アート
子育て・教育
講師
 
●中澤創太(ナカザワ ソウタ)さん
父はバイオリン修復家、母はバイオリニストという音楽家系に生まれ、幼少から国際的に活躍する音楽家と触れ合いながら育つ。15歳で渡英。インターナショナルスクールに通うかたわら、オークション大手サザビーズや、世界的なイギリスの鑑定家Peter Biddulph Ltdに出入りし、10代から数多くの名器に触れる。上智大学外国語学部卒業後、電通へ入社。営業を経て、メディアプランナーとして数々の音楽・文化プロジェクトに関わる。2014年、株式会社日本ヴァイオリン代表取締役社長に就任。2015年にはイタリア・クレモナ市ヴァイオリン博物館研究・調査センターにてバイオリンの名器、ガルネリ・デルジェスの研究に参加。これまでディーリングも含め、今まで手にしたストラディヴァリウスは70挺を超える。2018年、21挺のストラディヴァリウスがアジア史上初めて集結する「東京ストラディヴァリウスフェスティバル2018」の実行委員長/代表キュレーターを務めた。

●宮本笑里(ミヤモト エミリ)さん
東京都出身。14歳でドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフ第1位入賞。
その後は、小澤征爾音楽塾、NHK交響楽団などに参加し、2007年「smile」でアルバムデビュー。
様々なテレビ番組、CMにも出演するなど幅広く活動中。2017年にデビュー10周年を迎え、アルバム「amour」発売、Bunkamuraオーチャードホールで10周年記念コンサートを開催。2018年7月バイオリン小品集「classique」CDをリリース、12月より宮本笑里リサイタルツアー2018~2019を実施した。使用楽器はDOMENICO MONTAGNANA 1720~30をNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている。
オフィシャルサイト http://emirimiyamoto.com/



講演・セッション内容

よく知っているけれど、ホンモノって見たことない! そんな楽器、バイオリンについて学んで弾けるスペシャルセミナーをお届けします。1台のバイオリンを分解しながらしくみを解説する「解体ショー」と、実際に音の出し方や簡単なフレーズに挑戦する「演奏体験」の二本立てです。バイオリンの世界を覗いたあとは、音を聴き比べるミニクイズにも挑戦してみましょう!

ナビゲーターを務めるのは、ストラディヴァリウスなど一流弦楽器を扱う日本ヴァイオリンの中澤創太社長。人気バイオリニスト・宮本笑里さんからのメッセージも。ワークショップ編にご参加の方は、宮本さんが出演するコンサート編にもご入場いただけます。親子で音楽を体験する春の夕べをお楽しみください。

会場
ホールB-2(B1F)
開催日時
2019年5月19日(日)16:25~17:05
セッション番号
19H08