キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる。 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために――

 
セミナー


左から、小林珠恵さん/市本真澄さん/江上桜子さん/若濱 靖樹さん


セミナー名
【A06】<オンライン会場A>

Working Parents Forum
「育児しながら外資コンサル・外資金融勤務ってしんどくないの?
実はこんなに温かい!アクセンチュアとアフラックの極める両立制度」

<第1部>15:35~16:05
アクセンチュアでワーキングペアレンツが幸せに生きる方法
~マネジメント層にも「育児中の会」にも、どんどん頼っていいんです~

小林 珠恵 さん
(アクセンチュア 常務執行役員 シニア・マネジング・ディレクター、アジア太平洋・アフリカ・ラテンアメリカ・中東地区 主要クライアント統括)

<第2部>16:05~17:05 パネルディスカッション

市本 真澄 さん
(アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 アソシエイト・ディレクター)

江上 桜子 さん
(アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 マネジャー)

若濱 靖樹 さん
(アフラック ダイバ―シティ推進部課長)

ファシリテーター 羽生祥子
(日経xwoman編集委員)

※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
カテゴリー
無料
先着順
キャリアアップ・起業
ワークライフバランス
転職・就職
スキルアップ・資格
講師

●小林 珠恵 (コバヤシ タマエ)さん
1997年にアクセンチュアに入社、2010年にマネジング・ディレクターに昇進。ハイテク産業を中心に、戦略立案、構造改革、新規事業の立ち上げ、デジタルトランスフォーメーション、大規模なアウトソーシングなどのプロジェクトを担当。通信・メディア・ハイテク本部で経営コンサルティング組織をリードし、APACのインクルージョン&ダイバーシティリードも務めた。
2019年にシニア・マネジング・ディレクターに昇格し2020年より現職、アクセンチュアのグローバル経営委員会にも参画。コングロマリット企業のグローバル顧客責任者を務めると共に、アクセンチュアのGrowth Market(北米・欧州以外の全地域)における主要顧客統括責任者として、顧客価値の向上とイノベーションの共創を推進。
公認会計士。

●市本 真澄(イチモト マスミ)さん
1998年にアクセンチュアに入社。ハイテク企業を中心としたITコンサルティング、システム導入・保守を担当。
現在は、アクセンチュアにおけるインクルージョン&ダイバーシティ担当として、障がいのある社員の雇用や人材育成の取り組みを推進。
また、Gender Equality(ジェンダーに起因する差別の廃止)の活動においては、性別に関わらず、子供を持つ社員向けの復職支援プログラムを展開。この活動によりUS Yahoo Financeの「The HERoes Women Role Model Lists 2020」に選出。

●江上 桜子 さん(エガミ サクラコ)さん
2010年入社。製造・流通、金融、公共サービスなど様々な業界のシステム導入、アウトソーシングに携わり、現在は素材・エネルギー企業のタレントマネジメントシステム導入プロジェクトでプロジェクト・マネジャーを担当。
2020年に2度目の育児休業から復職し短日短時間勤務の制度を利用中。

●若濱 靖樹(ワカハマ ヤスキ)さん
2003年に新卒でアフラック入社、営業部門、事務部門、企画部門を経て2018年にダイバーシティ推進部配属、2019年7月から現職。夫婦共働きで、子供は小学生と保育園児の2男1女。





セミナー概要

外資系コンサル・金融企業に務めると、ハードワークと長時間労働でブラックな働き方でしんどいのでは? と勘ぐりたくなるところ。だが、アクセンチュアとアフラックは、「女性が活躍する企業ランキング」と「共働き子育てしやすい企業ランキング」で1位と3位を獲得(※1)するなど、ホワイト企業ぶりに勢いが増す。一体どんな制度や社風があるのだろうか? 両社の先進的な制度やワーキングペアレンツの両立ノウハウを、社員達による本音トークで紹介する。働くママパパ自身、チームリーダー、ダイバーシティ担当者、人事部、そしてあらゆる経営層の方、必見です!

(※1)『日経WOMAN』による2021年版「女性が活躍する会社BEST100」総合ランキング1位はアクセンチュア。『日経クロスウーマン DUAL』による2021年版「共働き子育てしやすい企業ランキング」3位はアクセンチュア、アフラック(同率3位)。

会場
オンライン会場A
開催日時
2021年5月29日(土)15:35~17:05
セミナー番号
A06