キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる! 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために

 


小泉進次郎 さん(左)/坪内知佳 さん(中)/遠藤春奈 さん(右)


講演・セッション名
【H02】<会場:ホールB(B1F)>

女性が切り開く農林水産業の未来

小泉進次郎 さん
(衆議院議員)

坪内知佳 さん
(GHIBLI代表取締役および船団丸代表)

遠藤春奈 さん
(こんにゃく工房 迦しょう 代表/農業女子プロジェクトメンバー)

※同じ時間帯の講演・セッションには1つしかお申し込みいただけません。
※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
※事前申込された講演・セッションでも立ち見となる場合がございます。
カテゴリー
無料
先着順
キャリアアップ・起業
転職・就職
社会貢献・社会啓発
講師
 
●小泉進次郎(コイズミ シンジロウ)さん
1981年神奈川県横須賀市生まれ。関東学院大学経済学部卒業後、2006年米国コロンビア大学院政治学部修士号取得。米国戦略国際問題研究所 (CSIS)研究員を経て、衆議院議員小泉純一郎氏秘書を務めた後、2009年8月衆議院議員初当選し、現在4期目。
内閣府大臣政務官、復興大臣政務官を務めた後、2015年より自由民主党の農林部会長、2017年8月より自由民主党 筆頭副幹事長、2018年10月に自由民主党 厚生労働部会長に就任。

●坪内知佳(ツボウチ チカ)さん
1986年福井県生まれ。2005年名古屋外国語大学外国語学部 英米語学科に入学。
大学を中退後、萩市へ移住。2010年萩市内で翻訳とコンサルティング業務を行う事務所を設立する。2010年10月に知見のなかった漁業の世界に飛び込み、2011年3月、約60人の漁業者をまとめ、萩大島船団丸を設立し代表に就任。農林水産省に6次産業化の認定を申請し、同年7月に自家出荷を開始。2014年4月、法人化を果たす(株式会社GHIBLI)。漁師集団とともに、船団を「家業」から「企業」にするため、日夜奮闘している。漁協との調整や出荷ルートの確保、販路開拓までを手がけ、全国の漁業関係者から注目を集める。2015年春より福島県いわき市の漁港の復興にも携わる。
日本政策投資銀行(第4回女性企業家ビジネスプランコンテスト・地域未来賞受賞)

『NEWS ZERO』、『news every.』で特集されたほか、日経WOMAN「WOMAN OF THE YEAR 2014」受賞。「キミハツプロジェクト」2014・2015メンバー。AERA「日本を突破する100人」、日経ビジネスの2017年最も影響のある「次代を創る100人」などにも安倍総理やトランプ大統領とともに選ばれる。2017年7月テレビ東京『カンブリア宮殿』、2018年9月TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』出演。

各種メディアにも取り上げられ、日本の地方創生のため、勢力的な活動を続けられています。(活動はFace book/HPにて配信中)

●遠藤春奈(エンドウ ハルナ)さん
第1子の出産を機に、夫の出身地である群馬県沼田市で新規就農し、こんにゃく農家に。2児の母。生産にも関わるが、春奈さんは主にこんにゃくの加工・販売を中心に担当。伝統的なこんにゃくだけでなく、斬新なデザートこんにゃくや、こんにゃくバブルティを開発、販売を開始した。こんにゃくバブルティーは米国でもプロモーションを行っている。
https://www.facebook.com/konjac.kasho/
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/member/m_detail/487/



講演・セッション内容

小泉進次郎議員に、農林水産業における女性の活躍や新たなマーケット開拓の可能性についてお話しいただきます。

さらに、“農業女子”代表の遠藤春奈さんと、“漁業女子”代表の坪内知佳さんとともに、農林水産業における女性の活躍推進と、農業女子、漁業女子プロジェクトの取り組みについて、ご紹介いただきます。

これまで自分には関係がないと思っていた農業や漁業の仕事も、もしかしたら新たな活躍の場になるかも? 女性だからこそ切り開ける農林水産業の未来を一緒に考えてみませんか?

会場
ホールB(B1F)
開催日時
2018年12月1日(土)11:05~11:45
セッション番号
H02